新車でキャンピングカーを選ぶ時のポイント

数々のアウトドアの際に役に立つ車と言えばキャンピングカーがあります。個人用以外にもイベント用としても大いに活躍させる事が出来るので、現在購入を検討されている方も沢山いらっしゃるでしょう。とは言え普通の一般車と比べて値段も高くなるので、購入前にポイントを見極めておきましょう。キャンピングカーを新車で購入する際のポイントとして、設備として何が必要で、何が要らない物なのかを明確にしておきましょう。例えばアウトドアで利用した際、外でバーベキューをしたり、料理をしたりする事がある為キッチンをあまり使用しないケースが多くあります。この場合はキッチンが本当に必要なのかをしっかり考えておきましょう。また、シャワーやトイレといった設備も用途によっては必要ありません。この事を踏まえて新車を見ていく事で、グレードを下げて購入する事が出来ます。

キャンピングカーの新車はますます便利に

アウトドアブームの高まりとともに、キャンピングカーにも注目が集まっています。キャンプなどのアウトドアに行く時はもちろん、山の写真を撮るために利用したり、桜前線を追いかけて日本中を横断する人など長期旅行にも利用されています。必要なものを荷物に積んでさえいれば、車の中で快適に宿泊することができるので、車一つあれば自由にどこへでも旅行へ行けるのが魅力です。細かい計画を立てて時間に追われながら旅をするのではなく、ゆっくりと気の向くままに時間を過ごすことができます。ペットを飼っている方も、ペット可能の宿泊施設を探さなくても良いので、気軽にペットを連れて長期旅行に行くことができるようになります。最近の発売されている新車には、エアコンや電子レンジなどの家電も搭載されており、設備もますます便利になってきています。

キャンピングカーは新車購入がおすすめです

自由な旅ができるキャンピングカーが人気です。普通の旅行のように渋滞で旅館などの到着時間を心配することもなく自由な旅が演出できます。道の駅によって地元の新鮮な食材を買って調理したり、星空のきれいな自然を満喫したりと居住空間のままに移動でき生活できるキャンピングカーは、子供が小さい時期はもちろん、退職後に夫婦二人でものんびり長く楽しむことができます。車としての金額は高めですが、長く使うものだからこそ新車での購入をお勧めします。トイレなど水回りの衛生面の問題や、タイヤ交換など途中のメンテナンスの頻度を考えれば新車の方がメリットは多くあります。中古の場合古いディーゼルエンジンの場合登録ができないことがあったり、継続車検がなかなかな取れないこともあるようです。中古車でも狭い市場なので希望通りの中古車に出会える可能性は低く、妥協するより新品で心地よい新車で長い付き合いを楽しむのもお勧めです。

空港駐車場付近の渋滞に巻き込まれる心配もありません。 午前6時30分から午後22時まで(当日のお客様の送迎がすべて終了するまで)営業しています。 ターミナルに行きたい30分前のご利用がお薦めです。 東関東自動車道・成田インターから降りて、国道295号線を空港方面に向かい、2分の所に位置しています。 空港第2ターミナルまで7分、第1まで10分です。 前日の18時まで予約可能です! 完全固定式の成田空港駐車場シャトルパーキング