予算内で手に入れる事が出来るキャンピングカーを探す

キャンピングカーは、法的には特種用途自動車という分類でナンバープレートも一般乗用車とは違います。乗車人数や室内の規定等決められた条件を満たした車にのみキャンピングカーのプレートが与えられます。いずれは購入したいと思っていたので、展示会が開かれる時を楽しみにしていました。自宅近くの会場で開かれる事を知った時には嬉しかったです。まずは色々な種類について見て回りました。最初に、一般的な乗用車を改造して寝泊まりが出来るようにした車を見ました。室内は狭いけれど、どんなときにも利用できる車だと思いました。一つ目のお気に入りになったのは、ナンバープレートの違う車でした。

購入価格が高い事以外は希望条件がすべてクリアになっているので第一候補としました。何と言っても居住空間が広く、ゆったりと過ごす事が出来るのがいいと思いました。また、法的条件が満たしてある車は、税金の面でも有利であることも解りました。高額ではありますが長い目で見るとかえって経済的なのかもしれないと感じました。次に見たのは、トレーラー型のキャンピングカーです。居住部分が独立しているので一般の自家用自動車にけん引して利用することが出来ます。このトレーラー型を見た途端に、私の購買意欲がましました。購入金額も予算金額で間に合うことと気軽に利用できるところが気に入りました。トレーラーは、現在使用している車に取り付けて出掛けられるので、我が家にとっては一番経済的な気がしました。

夏にはキャンプや遠出の観光地へ旅する事が多いので便利に使えると思います。目的地では、運転席やエンジンルームなどがないトレーラーなので、取り外して留守番をさせることもできます。その間、乗用車で自由に近辺の観光が出来ます。キャンプ地を決めたら専門の居住空間として利用出来るので、行動範囲も広くなることが予想できます。そして何よりも自宅での保管がしやすい事が挙げられます。大きな車と違って広い駐車スペースがいらないので、助かります。自分の中ではほぼ決定のように考えていたので、他の色々な車の事はよく覚えてはいませんでした。まだまだ、便利に使える車が沢山あったようです。手に入れた時の事を考えると楽しくてなりませんでした。これから予算金額の検討もしなければなりませんでしたが、私の心は浮足立っていました。普段から利用するものではないので、余計に夢が膨らむのかもしれません。我が家では購入に向けて検討中です。