お悩み解決!二次会景品購入6サイト


Home > 二次会の景品について > 二次会の景品の予算と選び方のコツ

二次会の景品の予算と選び方のコツ

 二次会を盛り上げるために欠かせないものといえば、ゲームとその景品ではないでしょうか。
ゲストとして参加するだけならば楽しみにして足を運ぶだけで良いですが、景品を準備する立場となった時には、その責任は重大といえます。
どんな景品なのかにより、二次会の印象自体を左右することになりかねません。
まずは、景品を買う費用をどう準備するのかを考えましょう。
二次会の企画者側が負担するのか、ゲストの参加費に上乗せして費用を集めるのかの二択になります。
基本的にはゲストの参加費に上乗せという形を取る人が多いですが、あまり高額な参加費となれば参加者が減ってしまう可能性も高くなるので、あまりに高額な参加費に設定することのないように気をつけなければなりません。
会場費や飲食費のことも考えましょう。

 企画者側が景品の費用を負担するのであれば、ゲストの負担は減るので多少景品がつまらないものでも、文句が出ることはほぼありません。
しかし、ゲストの参加費に上乗せする場合には、景品の良し悪しはかなり重要視されることになります。
まずはメインとなる豪華な景品を一つ選ぶようにしておきましょう。
テーマパークや旅館に宿泊するペアチケットは、目玉商品の定番となることが多くなっており、残るものとは違って被ることもないので貰って困ることはありません。
サブメインとして、電化製品やグルメを準備しておく時には、重たいものやかさばるものは後日郵送で届けるという形にしておくと喜んでもらえることが多いです。
持ち帰りのことまで考えておくことが、ゲストの気持ちを考えているということで好感を持ってもらえます。

 ゲスト全員の手に景品が行き渡るようにした方が良いのではないかと考えがちですが、ゲスト全員の手に渡るようにしようとすると、ゲームの時間自体が長くなってしまうので途中でゲストが飽きてしまうということにもつながってしまいます。
ゲームの時間はどの程度取ることができるのかということにも注目しておかなくてはなりません。
時間配分をしっかりと考えて進行させていくことが、二次会を最初から最後まで盛り上げるためには必須となってきます。
ゲストによって喜んでくれる景品には違いがあることは確かですが、誰もが喜ぶものを選べるのかが腕の見せ所と言えます。
当日に景品が揃っていないとなっては元も子もないので、早い段階から景品の手配をしておき、時間には余裕を持って行動することが大切になります。

ページトップへ